Amazon S3を使って静的webページを配信してみた

プレゼントを送るときにいい感じのメッセージカードがなかったのでエンジニアらしくAmazon S3を使ってメッセージカードの画像を配信してみました。 全体像 Canvaでメッセージカードを作成 Amazon S3バケットに1で作った画像をアップロード 2を静的ページとして公開 3で公開したページのURLをQRコードにしてプリントして同封 Canva でメッセージカードを作成 Canvaを使って画像ファイルを作成します。 Amazon S3 バケットに作った画像と index.html をアップロード 適当な名前でS3バケットを作成します オブジェクト > アップロードから作成した画像をアップロード 配信ページ用のhtmlファイルもアップロード アクセス許可で公開する必要があります アクセス許可 > ブロックパブリックアクセス > 編集からパブリックアクセスをすべてブロックをオフにする パケットポリシーに下記を編集し、追記する。 { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadGetObject", "Effect": "Allow", "Principal": "*", "Action": "s3:GetObject", "Resource": "arn:aws:s3:::20210511/*" } ] } これで誰でもアクセスできるようになります。(本当はあまり良くないかも) 静的ページとして公開 プロパティ下部の静的Webサイトホスティングを設定する 静的Webサイトホスティング →「有効にする」 インデックスドキュメント →「index.html」を入力 発行したURLをQRコードにする QRコードをプレゼント等自分が贈りたいものに同封する。

5月 11, 2021 Â· 1 分 Â· a_ide_1995